弁護士利用の注意点

弁護士を利用するときには、いろいろな注意点があります。
まず弁護士に相談できることと、できないこともあるのです。
例えば離婚について、別れたいけどなかなか応じてもらえないので、どうしたらいいかという相談はOKです。
しかし離婚した方がいいのか、しない方がいいのか分からないという相談はできません。
つまりあくまでも法律に関係する相談しかできないのです。

自分がどういうことを相談したいのかを、きちんとまとめてから相談するようにしましょう。
また相談するときにはきちんとアポイントを取ることも忘れないように。
弁護士は一人に最低30分、多いときには2時間、3時間と相談をすることになります。
そのため急に行ってすぐに相談してもらえるということはなかなか難しくなります。

また相談によっては必要な書類はすべて持って行くようにしましょう。
弁護士もそれがないとはっきりした答えが出せません。
また弁護士を利用する場合、一番気になるのが料金の問題ではないでしょうか。
東京弁護士会の報酬会規によると、初回市民相談は30分ごとに5000円となります。
いわゆる医者の初審と同じで、1つのトラブルや相談に対して最初に受ける相談のことで、事業に関係するものは除きます。

そしてその他の一般の法律相談は30分ごとに5000円~25000円となっています。
この差は事務所によって違うので、前もって料金についてもきちんと聞いておくことが必要です。
一般の弁護士の場合1時間1万円が相場と言われています。

また相談していても理解のできないことに対して、優しくわかりやすい説明をしてくれるかということも大切です。
あまり理解ができないまま、どんどん説明を勧めてしまうタイプの弁護士であればあまりおすすめできません。
途中からでも電話など次の予約を断わることもできます。